【コメダ】ミニコメバスケットを食べてみた感想

お食事

コメダ珈琲の食事メニューから「ミニコメバスケット」を食べてみました。

コメチキとミックスサンドが少しずつ味わえる、ミニサイズメニュー。

女性にも食べきりやすい量で、軽めのランチにおすすめです♪

「ミニコメバスケット」とは

ミニコメバスケット」は、2019年10月のメニュー変更で新しく加わった食事メニュー。

コメチキとミニサイズのミックスサンドがセットになっています。

(サンドイッチのパンは、トーストにも変更できます。)

軽めのランチや、ちょっとお腹が空いたときの間食にピッタリのメニューですね。

値段は税込560円(一部店舗590円)です。

「ミニコメバスケット」を食べてみた感想

今回はランチで、コーンスープと一緒に頼んでみました。

バスケットの中にミックスサンド2切とコメチキ2個、それにレモンのくし切りが入っています。

コメチキ2個なのにちゃんとレモンが付いてるところがうれしい。絞ってかけて食べるとさっぱりしますよ。

コメチキは、一口サイズの鶏の唐揚げ。味付けしっかりめでスパイシーです。

コメチキ好きすぎて単品で頼むこともあるけど、ひとりなら2個ぐらいがちょうどいいなぁ。

ミックスサンドはパン2枚で挟むタイプ。

コメダの単品ミックスサンドはパン3枚で1セットなので、こちらは簡易版ですね。

同じミニサイズメニューの「ミニサンド」と同じものです。

具材はたまご・きゅうり・ハム。これぞサンドイッチの定番という組み合わせ。

パンがふわふわしっとり、たまごのまろやかさにハムの塩気がアクセントになっています。

コメダは自社生産のパンがおいしいから、サンドイッチも間違いなくおいしいんですよね〜。


パンの形をよく見てみると、山型食パン1枚を半分にカットして、それを上下に使って挟んでいるようでした。つまり実質食パン1枚分。

単品ミックスサンドが食パン3枚分なことを考えると、かなりボリューム抑えてありますね。

コメダの食パンは大きいので、これくらいがちょうどいい。

完食しても苦しくならず、程よい食べごたえでした。

女性にも優しい分量。こういうメニュー待ってたよー!


一緒にいただいたのは、熱々のコーンスープ。

コメダはドリンク扱いでコーンスープを置いてるんです。

ドリンクチケットも使えて、食事時におすすめですよ。

昼コメプレートとどっちがおトク?

コメダでは平日限定ランチメニュー「昼コメプレート」を販売しています。(一部店舗限定)

昼コメプレートは、サンドイッチにコメチキ2個とミニサラダが付いて550円。

サンドイッチの内容が微妙に違いますが、量は昼コメプレートの方が多く値段も安いです。

頼める時間帯なら、ミニコメバスケットより昼コメプレートを選んだほうがおトク感がありますよ。

「ミニコメバスケット」のカロリーは?

コメダは公式サイトでメニューのカロリーを公開しています。

それによると「ミニコメバスケット」のカロリー

563 kcal

です。

「ミニコメバスケット」の販売店舗

「ミニコメバスケット」と「ミニサンド」は、販売店舗が限られています。

コメダ公式サイトの店舗検索ページで「ミニサイズメニュー」にチェックを入れると、販売店舗が検索できます。

コメダ公式サイト 店舗検索画面

関連記事

コメチキ(単品)のレポはこちら。

ミニサンドのレポはこちらです。

コメダでランチするのにおすすめのメニューは、こちらをどうぞ。

コメダのメニューはこちら

コメダ珈琲の最新メニュー表はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました