【コメダの豆菓子徹底ガイド】豆菓子はおかわりできる!カロリーは?テイクアウトもあり。

コメダ珈琲、これがおすすめ!

コメダ珈琲でドリンクを頼むと付いてくる「豆菓子」。

カリッとして甘じょっぱくておいしいですよね。

そんなコメダの豆菓子について詳しく調べてみました。

実はサービスでもらえるだけじゃなく、おかわりもできるんですよ。

コメダの豆菓子とは

豆菓子は、 コメダでドリンクを注文するとサービスでもらえるお菓子。

落花生(ピーナッツ)にサクサクの衣をつけたもので、正式名称を「カロリー豆」といいます。

お菓子の名前に「カロリー」とは、ちょっと変わってますよね。

物販コーナーにもちゃんと「カロリー豆」と書かれていました。

高カロリーなピーナッツにさらに衣が付いてるから「カロリー豆」なんでしょうか。由来が気になるところ。

コメダ発祥の地、名古屋ではコーヒーに合う”おまけ”のお菓子を付ける文化が昔からあり、豆菓子もそこから来ているんだそう。

豆菓子をもらえる条件

コメダの豆菓子は、ドリンク1品につき1袋必ずもらえます。

ただし、モーニングサービスを付けた時は豆菓子は出てきませんのでご注意を。

コメダ珈琲のモーニングC(トースト+おぐらあん)
コメダ珈琲のモーニングC(トースト+おぐらあん)

「サービスはひとつだけよ」ってことですね。

なお、ランチの「昼コメプレート」を注文した時はちゃんと豆菓子がもらえましたよ。

豆菓子はおかわりできる!

甘じょっぱくてクセになるコメダの豆菓子、もうちょっと食べたいなって時ありませんか?

実は店員さんにお願いすると、おかわりができちゃうんです。

料金は1袋10円。意外と安い!!

豆菓子好きな方はぜひお試しあれ。

コメダの豆菓子のカロリー

コメダの豆菓子のカロリーは「1袋あたり41kcal」です。

これは公式サイトで発表されてるものなので間違いありません。

1袋10粒ほど入って41kcalは、たしかにカロリー高め。「カロリー豆」と呼ぶにはふさわしいかも。

豆菓子、デザインのヒミツ

コメダの豆菓子、昔はこんな茶色い袋やクリーム色の袋が多かったですよね。

それが最近は、季節に応じたデザインになっているんです。

▼こちらは2018年9月のもの。ピンク色でどちらかというと春っぽいけど秋バージョン。

▼2019年4月のお花見バージョン。

▼2019年5月から登場した「令和」バージョン。

他にもハロウィン柄や雪の結晶柄、夏はアロハシャツを着たコメダおじさんなど、季節によって変わるのが楽しいですよ♪

豆菓子を食べる時には、ぜひ袋にも注目してみてください。

コメダの豆菓子は持ち帰りもできる

豆菓子は店内で出されるもののほか、レジ前で販売もしています。

たっぷり入った中袋は140円。

小袋は50個入りが500円、90個の箱入りが1,000円でした。(入り数・価格は店舗により異なります)

ちなみにコメダでは食パンやコーヒー豆、ドレッシングなども販売しています。これを買えばおうちコメダもできちゃうね!

コメダの豆菓子(中袋)を買ってみた

というわけで、140円の中袋を買ってみました。

コメダおじさんデザインのビニール袋に入れてくれましたよ。

パッケージもコメダおじさんデザイン。おじさん、全身だとスラリとしてかっこいいんやな。

裏には「コメダの豆知識」が。豆菓子だけに「豆」知識。

豆菓子の製造所はいくつかあるようですが、今回買ったのは新潟の「内山藤三郎商店」さんで作ったものでした。

内容量は77g、全部食べると407kcal!

お皿に中身をあけてみました。いつもの小袋と違ってたっぷり入ってる。心置きなく豆菓子を頬張れます!!

コメダの豆菓子、味の感想

コメダによく行く人なら味なんて分かりきってるよ!と言いたいところかも知れませんが。

豆菓子をこんなにたっぷり味わったのは初めてなので、味の感想を書いておきます。

まず、衣の甘じょっぱさがいい。

口に入れた瞬間はしょっぱさが先に来て、噛んでいると徐々に衣とピーナッツの甘さが広がっていきます。原材料をみると、お砂糖が入ってるみたいですね。

そして、歯ざわりがいい。

ピーナッツだけだとコリコリ固いはずですが、まわりの衣がサクサクしていて軽さが加わっているんです。このサクサク感がおいしさの秘密かもしれません。

結果、永遠に食べ続けられそう!

後をひく甘じょっぱさ、サクサクの歯ざわりで、手が止まらなくなります。

正直これを一度に全部食べるつもりはなかったのだけど…作業しながらポリポリやっていて気づいたらなくなっていました…。

喉が渇くので、飲み物必須です。コメダといえばコーヒーですが、この日は紅茶と一緒にいただいたら意外と相性良かったですよ。

以上、コメダの豆菓子についてのご紹介でした。

すっかりハマってしまったので、次は小袋大量買いしちゃおうと思います(๑´ڡ`๑)

コメダに関するおすすめ記事

コメダの最新メニューはこちらです。

コメダのカロリーだけを見やすくまとめた記事はこちら。

コメダのクーポン、お得情報はこちらをどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました