【コメダ】カツパンを食べてみた!コメダ最大級の厚みとボリューム

お食事

コメダ珈琲の食事メニューから「カツパン」を食べてみました。

驚きの大きさと厚み。数あるコメダのメニューの中でも、最大級のボリュームです!

コメダの「カツパン」とは

コメダ珈琲は、自社生産のパンを使ったサンドイッチやバーガーなどの食事メニューが豊富です。

どれもボリューム満点なのですが、中でも特に大きいのがこの「カツパン」シリーズ。

カツパンには以下の4種類があります。

(値段は880円または920円、店舗により異なります。)

カツパンシリーズ、以前は「カツサンド」というメニュー名でしたよね。

いつの間にか名前が「カツパン」に変わっていましたが、内容は変わらないようです。

今回はオーソドックスな「カツパン」をたべてみました。

注文時に「からしマヨネーズを使っていますが大丈夫ですか?」と聞いてくれます。

抜き、または普通のマヨネーズに変更もできるそうです。お子さんでも安心ですね。

コメダの「カツパン」を食べてみた感想

みそカツパンを食べて以来、大きすぎて敬遠していたカツパンシリーズ。

この日は連れがいたので、久々に注文してみました。

大きさは分かってたけど…いざテーブルに運ばれてくると「でかっ!」と声が出てしまいます。

Suicaとのサイズ比較。遠近法でよく分からない。とりあえずデカイです。

3等分にカットされています。作りは下から「パン・千切りキャベツ・トンカツ・オニオンとピーマン・パン」の順。

パンは食パンではなく、コッペパンを平たくしたような、カツパン専用のものです。

ソースはカツの上下両方にかかっていました。からしマヨネーズは、パンに塗ってあるみたい。

断面はこちら。厚みの暴力〜〜〜!カツはもちろんですが、パンがまた分厚いんだよなぁ。

揚げたてサックサク、カツの衣が香ばしい。

キャベツ・とんかつ・とんかつソースの組み合わせは間違いないですね。

コメダのトンカツはお肉率低くて衣多め。肉感はあまりないんですが、その分歯切れがよくて食べやすくはあります。

個人的にはこのカツが、脂っぽくてあまり好きではなかったり。でもコメダといえばカツパンですよね〜。たまに食べる分にはいいな。

いつもの取り皿にのせてみると、カツパン、はみ出してしまいました。皿が小さいんじゃない、カツパンがデカイんだ。

お腹いっぱい食べたい食欲旺盛男子、カツパンと顔を並べて顔の小ささをアピールしたい女子など、若者におすすめのガッツリメニュー。

食べきれなかったら残りは包んで持って帰れますので、ぜひお試しを!

コメダのカツパン、カロリーは?

コメダは公式サイトでメニューのカロリーを公開しています。

それによると「カツパン」のカロリーは

1,240 kcal です。

カツパンシリーズ、その他のカロリーは以下の通り。

  • みそカツパン:1,298 kcal
  • カツカリーパン:1,261 kcal
  • エビカツパン:960 kcal

カツパンはどれも高カロリー。1,200超えは圧巻です。

ダイエット中の人は、誰かとシェアして食べるのがいいかもしれません。

カット数を変えられる

カツパンは通常、3等分カットされてきます。

2人でシェアしたい時などはちょっと困りますよね。

あらかじめ注文時に「4等分で」などとお願いすると、カットのしかたを変えてくれますので、試してみてください。

カツパン 関連記事

「みそカツパン」の食レポはこちらをどうぞ。

コメダのメニューはこちら

季節メニューも掲載。コメダ珈琲の最新メニュー表はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました