【コメダ】ジェリコ アーモンドミルクを飲んでみた!(4/22発売)

季節のドリンク(2020年)

コメダの新作「ジェリコ アーモンドミルク」を飲んでみました。

コーヒーゼリーの苦味をアーモンドミルクが優しく包み込む、まろやかテイスト。

コーヒーが苦手な方でも飲みやすい、デザートドリンクです♪

「ジェリコ」とは

ジェリコ」は、コメダの人気ドリンクメニュー。

コーヒーゼリー(ジェリー)にアイスコーヒーを注ぎ、ホイップクリームをのせた「ジェリコ 元祖」が通年商品です。

レギュラーメニュー「ジェリコ 元祖」

2020年はアーモンドミルクを使用した「ジェリコ アーモンドミルク」が新登場。

昨年好評だった「ジェリコ 豆乳オーレ」も復活して、3種類のジェリコが楽しめます。

「アーモンドミルク」ってなに?

「アーモンドミルク」とは、水に浸したアーモンドをミキサーなどで細かくして作る液体のこと。

乳製品が含まれていない”植物性飲料”です。

牛乳、豆乳に続く「第三のミルク」とも呼ばれ、最近ではスタバの牛乳をこのアーモンドミルクに変えることもできるんだとか。

「ジェリコ アーモンドミルク」の値段

4月22日発売のジェリコシリーズ、値段は以下の通り。

なお、通年商品の「ジェリコ 元祖」は、580円~710円です。

(※価格は店舗により異なります。)

「ジェリコ アーモンドミルク」を飲んでみた感想

ジェリコは専用の大きなジョッキで運ばれてきます。たっぷり入って、飲みごたえ満点。

コーヒーゼリーが吸える太めのストローと、ロングスプーンが付いてきますよ。

ジョッキの中にはコーヒーゼリーと氷、アーモンドミルク。

てっぺんのホイップクリームの上にはアーモンドプラリネがトッピングされています。

飲んでみると、口いっぱいに広がるアーモンドの風味。

アーモンドミルクを飲むのはこれが初めてだったのですが、おもしろい味ですね〜。

一口目はアーモンドなんだけど、後味がまろやかでミルクっぽい。

ビターなコーヒーゼリーとの相性はバッチリです。

アーモンドミルクに少し甘みが付いているようで、何も入れずにおいしく飲めます。(下の方が甘かったから混ぜたほうがいいかも)

黒みつ入りの「豆乳オーレ」と比べると、こちらの方がやや甘さ控えめでした。

トッピングのアーモンドプラリネは、スプーンですくって食べるとカリカリ香ばしくておいしい♪

個人的に「ジェリコ 元祖」はコーヒー率が高すぎて苦手なのですが、このアーモンドミルクはまろやかで飲みやすかったです。

”飲むコーヒーは苦手だけど、コーヒーゼリーは食べられる”という方にも、おすすめのメニューです!

「ジェリコ アーモンドミルク」のカロリーは?

ジェリコシリーズの3種のカロリーは、以下の通りです。

  • ジェリコ アーモンドミルク:247kcal
  • ジェリコ 豆乳オーレ:271kcal
  • ジェリコ 元祖:258kcal

「元祖」より「アーモンドミルク」の方が低カロリーなんですね。ちょっと意外。

「ジェリコ アーモンドミルク」の販売期間

「ジェリコ アーモンドミルク」と「ジェリコ 豆乳オーレ」の販売期間は、

4月22日(水)~9月下旬まで(予定) です。

早めに完売することもあるので、気になる方はお早めに!

関連記事

「ジェリコ 豆乳オーレ」のレビューはこちら。

最新の季節メニューも掲載!コメダのメニュー表はこちらをどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました