コメダの「エビカリーパン」を食べてみた感想(2021夏限定)

季節のバーガー(2021年)

コメダのカリー祭り2021限定メニュー「エビカリーパン」を食べてみました。

プリプリのエビカツにスパイシーなカリーソースの組み合わせが新鮮!

エビカツパン」のファンからすると、好き嫌いが分かれるかも…?

コメダ「エビカリーパン」とは

エビカリーパン」は、コメダの2021夏限定メニュー。

コメダの定番「エビカツパン」をアレンジし、新宿中村屋監修のカレーソースを合わせたスパイシーサンドです。

値段は税込880円(〜950円)。

店内飲食だけでなく、テイクアウトもOKとのこと。

コメダではこのエビカリーパンと、カリーコロッケバーガー、カツカリーパンの3種を売り出した「カリー祭り」というフェアを開催中です。

▼カリー祭りについてはこちら。

「エビカリーパン」を食べてみた感想

発売当日に、さっそく食べに行ってみました。

いつも食べるエビカツパンと違い、茶色いカレーソースがたっぷりかかっています。

具材は下から「キャベツの千切り・カレーソース・エビカツ」の順。

通常の「エビカツパン」は、エビカツの上にピーマンとオニオン、サウザンソースもかかっています。

「エビカリーパン」の方が少しシンプルな作りのようですね。

エビカツパンの断面(比較用)

コメダによく行く方はご存じかと思いますが…

この「カツパン」シリーズ、とにかくデカイです。

エビカツの厚みもすごい。

ひとりで食べる場合は、しっかりお腹を空かせて行くこと推奨です…!

スパイシーでしっかり辛いカレーソースに、プリッとした食感のエビカツ。

相性はまずまずです。

カレーソースの濃い味に、エビカツが負けちゃってる感じがしなくもない。

豚肉のカツは脂肪分多めで、カレーのスパイス感ともマッチするのですが、エビカツはさっぱりなのでカレーを強く感じます。

おいしいけど、やっぱりエビカツにはマイルドなサウザンソースの方が合ってるな〜と思いながらいただきました。

エビが食べたいならいつもの「エビカツパン」、カレー味が食べたいなら素直に「カツカリーパン」の方がおすすめ!

まだ食べたことのない「カリーコロッケバーガー」はどんなお味なんでしょう?

次回試してみようと思います♪

「エビカリーパン」のカロリーは?

カリー祭り対象メニューのカロリーは、以下の通り。

  • エビカリーパン:925kcal
  • カリーコロッケバーガー:724kcal
  • カツカリーパン:1,242kcal

カツカリーパンと比べると、エビカリーパンの方がだいぶ低カロリーでヘルシーです。(とはいえ900kcal超え!)

「エビカリーパン」の販売期間は?

「カリー祭り」メニューの販売期間は

2021年8月4日(水)~2021年9月下旬(予定) となっています。

気になる方はお早めに〜!

関連記事

同日発売「シロノワール 杏仁マンゴー」

カリー祭りスタートと同日に「シロノワール 杏仁マンゴー」が発売されました!

詳しくはこちら。

コメダのメニュー表

季節メニューも掲載。コメダのメニュー表はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました